読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ああ、素晴らしきヅカオタ生活…!

宝塚歌劇団を心から愛する独身OLの365日の記録

初めての花組〜念願のエキサイター

神奈川県民ホールで全国ツアー仮面のロマネスク/エキサイター2017見てきました!

 
f:id:tomopun:20170405140114j:image

 

花組はこれと言って好きな人がいないので見たことなかったんですが、エキサイターを再演するとなれば話は別です。

死に物狂いで一般でとりました。

その分期待度も高かったこの花組公演。

 

やる気まんまんで挑みました。

 

◆仮面のロマネスク

 

映像で祐飛さんの宙組公演を見ていたので、ストーリーは頭に入ってたんですが、やっぱり途切れ途切れ感が否めないですね。一緒に行った旦那はストーリー展開が早くて大変だったようです。

 

各登場人物ですが、

まず、ヴァルモンのみりおさんの色気具合が半端ない。

あー、明日海りおってこんな綺麗なんや…と思いました。

 

ジャケット脱いで、テロテロブラウスになった時の、見てはいけないものを見てしまった感はすごい。ブラウス着てるのに、下着姿を見てしまったかのような色気駄々漏れ感に赤面です。

 

そしてゆきちゃんのメルトゥイユ伯爵夫人。

すみちゃんのメルトゥイユは酸いも甘いも経験してきた30オーバーの大人の女感がめっちゃ強かったんですが、ゆきちゃんのメルトゥイユはもうちょっと若い感じ。

若いのに大人ぶってる、というか。そんな印象。

 

可愛らしい花娘の中で、あの役ができるのはゆきちゃんならではという感じがします。

 

ダンスニー男爵のカレーちゃん。

テレビや雑誌で見た通りの美形です。

ただ、北翔ダンスニーの印象が強すぎて、純粋な若者というより、子ども感が強かったかな、という印象。

言われた通り動いてるところとか特に。

でも、過去の轟、北翔ダンスニーと比べればフレッシュ感はあるよね。

最後のセシリーを抱き寄せて「一緒になろう!」ってところはものすんごくかっこよかったです。

 

そしてべーちゃんのトゥールベル夫人。

あー、ほんと可憐だわ。ほわほわで可愛らしくて儚げで…今にも壊れてしまいそうな法院長夫人でした。夫人感たっぷり!

ああいう人で遊んじゃ駄目よ、って心から思いました。

 別れたあと、そのまま法院長夫人に収まっとくのはマリアンヌには難しいよねぇ。

 

そして!この人が見たかった!見れてよかった!

水美舞斗!

 

めっちゃかっこいい!!

あのチャラいんだけど、手の上で転がしてる感とか、不真面目なのにヴァルモンの右腕感とか?

表情もイチイチかっこよくてオペラが離せませんでした。

 

◆エキサイター

 

うおおおお!エキサイター!!

という感じで興奮してたらあっちゅーまに終わりました。

みりおさんの振り幅はんぱない。

他のトップさんには出来ない芸当ですね。

 

Mr.Soの写真が出て来たりするのも、初演、再演を知ってる観客には嬉しいです。

れいちゃんは壮さんの弟設定なんですね。

 

もうこの辺はオペラでみりおさん追い続けてたんで、周りがどうなってたのか…一回しか見れないとなると、贔屓をガン見するか全体を見るかサイドを見るか…悩みますね。だから、最低3回は見たいのです。

 

今回、花組を見て全体を通して気になったのは歌。

 

もちろんみりおさんも上手いし、ゆきちゃんも綺麗に歌ってるんだけど、花組の娘役って全体的に声がか細いの?男役と一緒に歌うとかき消されてる気がします。

 

宙はいつ聞いてもCDかけてるんか!?っていうくらいの美声にうっとりするんですけど、花は残念ながらそういう印象は持てませんでした。声裏返ってる人もいたし…

全ツで人数少ないのもあるかもしれませんが。

 

ただ、エキサイターの序盤であきらさんが歌ってた時は、ついつい目を奪われました。(初演で未涼さんが歌ってたとこ)

 

周りがか細いからより目立ってたのかもしれませんが

 

まとめると、マイティはめっちゃかっこよかったけど、全体的に期待しすぎた…といったところでしょうか。

 

でも、そういうのまるっと「エキサイターが見れた」って感動にカバーされてる感じ。

 

もちろん比べるのはよくないし、一回見ただけだし、お前わかってねーよ!!っていう花組贔屓の方もいるとは思うんですけど、許して。

 

機会があったら大劇場公演も行ってみます。

 

 

宙組トップスター 朝夏まなと退団

いやー、これは想定外。

 

もう泣き叫びたくて仕方ない。

仕事も全く手につかなくて、ただただ右手は画面をスクロールするばかりなので、定時で早々に帰ってきました。

 

というわけで…

 


f:id:tomopun:20170307190502j:image

 

まさかのまぁ様退団。

 

なんでこのタイミング?

これならみりおんと添い遂げしてくれたほうがよかったじゃん。

 

神々の土地なんて名前からして暗いであろうこの作品で退団するとは思わんでしょうよ!!

 

なんなの?宙組トップ男役は暗めな作品で終わる宿命なの?

 

もっと華やかなパッとした作品の方がまぁ様らしくないかい?

 

それこそ王妃の館の方がまぁ様らしいじゃん。

 

ていうかね、まだもう2作くらいはやると思ったんだよ。いくら準備万端いつでもバッチコイな真風さんがいたとしても。

 

しかも神々~でしょ?

みりおんやめるし、宙トップ娘を置かないって決めたとこでしょ?

これからどうすんの宙組

 

っていうこのまさかのタイミングでこんなことになって、動揺しまくりなわけ。

 

 

同時退団にしないのは、みりおんは一人でも集客力があるから退団公演分けて集客しよう…とか?

 

それともまぁ様がA Motionやりたかった、とか?

 

余計なことばっかり考えてしまうわ…

 

でもわけてくれたことでそれぞれに集中できるのは有難いかな。

 

目下の心配は、

・チケットがとれるかどうか

・同時退団の組子がどれだけいるか

・七海さんのメンタル

 

いや、ね? 

七海さんがキューキューしながら甘えられるのって、もうまぁ様しかもいなかったわけじゃないですか。

 

紅さんは甘える、というより支えなきゃ!って感じだろうし。

 

雪組の大ちゃんもやめちゃうしね…

 

七海さんも退団考えたりするのかな…

紅さんと同時退団とかもありだよね…

 

恥ずかしい…‼とか言ってないでお茶会行ってみようかな

 

まぁ様の退団で一回一回の貴重さをより実感するわ。

 

とりあえず明日仕事になるか不安

 

 

 

月、宙キャスト発表

まさかね、とは言ってたけど…

 


f:id:tomopun:20170303125810j:image

 

ほんとにちゃぴがルイ14世をやるとは…

 

だってこれだよ?

 


f:id:tomopun:20170303125839j:image

 

わりとシュッてしてる気もするけど…

トップ娘役が男役することってまずないんじゃない?

いくら元男役とは言え…

 

もしくは、ルイ14世が女だったっていう体でやるのかな?

 

あ、解説みたらそうっぽいな。


f:id:tomopun:20170303130246j:image

 

前に載ってたのはこんな感じじゃなかったよね?

 

凛々しいちゃぴが見れるのかー…

そうかー…

 

見に行くか。

甲冑姿のちゃぴめっちゃ見てみたい。でも、全然剣術の練習しないって書いてあるからそういうのは着ないのかしら。

 

まぁ、何にせよこれでちゃぴが退団することはないかな。

 

そんで、宙の出演者も発表されましたね。

 

トップ娘役不在の初公演。

めっちゃ気になってた!!!!

 

今回の宙はバウ、パリ祭、文京シビックの3つのチームに別れての公演。

 

まず、ずんちゃんバウのめぼしい娘役はららとまどか。

ららは新公やったばかりだけどどうだろ…

ここでありさとかもってきたら、うおおおおおお!って感じだけど、さすがにないか。。

妥当にまどかかなぁ。

 

それにしても、中世ヨーロッパへの時空旅行ってなんだか王妃の館と似てるわね。

 

次に真風さんのパリ祭。

娘役が3人とちょい少なめ。

そしてさおちゃんがいるのが意外!

てっきりまぁ様と文京でオラオラやるのかと思ったww

でもやっぱ歌うまい勢は確保されてるね。

 

バウもパリ祭も見に行けないけど、楽しみ。

 

ほんで、A Motion。

先行画像のまぁ様がかっこよすぎてこれだけで今から楽しみすぎる。

 

娘役はうららにりらにマイヤー。

ま、これはうららでしょうな。

ダンス中心のショーだし。

 

というかとっかえひっかえするんだろうな。

むしろ、とっかえひっかえしてくれよ!!!

 

これはマジで会社休む前提でチケット確保する。

 

それにしても、ダイナミック!とか眩いばかりの光彩を放つ!とか抽象的な説明ばっかりでイメージが全くわかない。

 

アメイジングショーてなんやねん。

マジックでもすんのか。

 

とりあえず、バウのポスターとキャスト発表をしばし待つ!!!!

星組次回公演


f:id:tomopun:20170222134135j:image

 

もうタイトルからしてめちゃめちゃ堅そう!な星組の次回公演が発表されました。

 

ナチスドイツ時代のお話で、しかも原田先生か…

申し訳ないけど、ちょっとこれは期待薄だなぁ

 

観客に媚びるばっかりじゃない、そういうお堅い作品も必要だとは思うんだけどさ。

 

正直、私は原田先生の作品で好きなやつってあんまないんだよね…

 

てか次の美弥ちゃん主演のやつも原田先生じゃん!

あれは中世フランス(だよね?)だから華やかさあるけど、これナチスドイツ時代だし、暗いし堅いしどうすんの?って感じせん?

 

あと、あらすじ読むと七海氏が敵サイドにされそうな気がしてむむむ

 

星組だから彼氏も見に行くと思うけど、これきっかけに宝塚離れしたら困るなー…

やっとのってきたところなのに。

むしろ男子はこういう方が好きなのかしら?

 

まぁ、でもショーがあるから…

ショーを見に行くか…

 

タイトルはロマンチックレビュー感あるけど、どんな感じなんだろ。

 

お芝居があれな感じでも、それを忘れさせてくれるくらいのショーであればいいんだけど…

 

あ、それでいうとかなめ様の退団公演はまさにそれだね。お芝居は堅いし、みりおん報われない系で残念だったけど、ショーはめちゃめちゃよくって、家でリピしまくってるし。

 

うん。それ期待するしかないね。

 

てかそれよりも宙組の王妃の館が面白いくらいとれないんだけどなんなの。どうにかしておくれよ

 

 

星組オームシャンティオームを観劇

この間の土日に2日連続で見に行ってきました。

 

星組トッププレお披露目公演、マサラミュージカル オームシャンティオーム。


f:id:tomopun:20170117092321j:image

 

地味に2日連続観劇ってはじめてなんですよね。

最高ですね。 

土曜には黒木瞳さんが見にいらっしゃってたみたいなんですが、三階席だったので全くわからずでした。

 

さて、今回は原作も見ず、インド映画も全く見たことない状態で臨みました。

なんとなくごちゃごちゃしててみんな踊ってハッピーエンド、というのが私のインド映画のイメージ。

 

ストーリーはトップスターを目指す脇役俳優の輪廻転生の物語。紅さんの宝塚人生とリンクするところも多く、長く紅さんを見てきた人は号泣もんじゃなかろうか、と。

 

インド映画ということでとにかく派手。衣装もセットもギンギラギンでカラフル。

 

途中で「またかよ!」ってぐらいに差し込まれる歌と群舞。ショーも見てるようなお得気分。

この群舞の時は土曜も日曜も毎回毎回、小桜にオペラを持ってかれました。表情がくるくるしてて大変可愛らしい。

 

劇中に「新ルール」ってワードがバンバン出でくるんですが、何かと思ってぐぐったら新ルールじゃなくて「シンドゥール」でした。

 インドの女性のおでこについてる赤いアレです。結婚するとつけるらしいよ。

 

全体的にとにかく笑えるところが多くて、そこここから笑い声があがってました。

 

ただ、一幕見終わった時点でなんとなく消化不良感。一緒に見に行った母もそうだったみたいで「面白いけど、なんか微妙だね」と言ってました。

 

前回が桜華に舞えで、その前がエリザベートだったので、そういうストーリーの面白さみたいなのは感じられなかったのかな、と思います。

 

あと、インド映画特有のものかもしれないんですが、割りと場面がパッパッと変わるんですよね。紙芝居のように。

普段の大劇場作品とかだと割りと流れるような舞台転換が多いので、そういうのが違和感の原因か、と。

 

この作品、紅さんにはとっても合ってると思うんですが、笑いで誤魔化せる場面が非常に多くて諸刃の剣な気がしてなりません。

ちょっと面白い声、面白い動きをすればお客さんは笑ってくれるし、事実面白いんですけど、そういう芸人的な面白さはいらないというか…ハッピーエンドのコメディであればキャッチミーとかトップハットみたいなストーリー上での面白さにして欲しいな、というのが正直なところ。

 

そんなわけなので、こっちゃんの重厚感溢れる悪役とお歌との対比がすごいです。

こっちゃんは劇中だと歌うのは2曲だけなんですが、その歌声に感激しました。ぞわぞわって。

紅さんも声がよく通るし、上手なんですけど、こっちゃんのはビブラートがきいてるっていうのかな…奥底から響いてくるような上手さなんですね。

ああ、こっちゃんはやっぱり天才なんだな、と思いました。

 

そこに入ってくるあーちゃんの歌声ですが、めっちゃ高いです。今まであんまりそういう風に感じたことないんですが、なんか今回はめっちゃ甲高いなーと思いました。キャッチミーの時は普通に上手だなと思ってたんですが…

甲高すぎて、特にオープニングの歌は浮いてるような感じがしました。

 

まぁ、それでもあーちゃんはとにかく可愛いです。

大人っぽいのも可愛いのも見れるんで、あーちゃん好きにもお得な公演ですね。

二幕でみきちぐさんとアドリブで笑いをとってるのが印象的。ああいうのはいいですね。

 

客席降りも長くて楽しいです。

あんるちゃんと夏樹くんが来てくれたんですが、お二人ともお美しい。今回、夏樹くん台詞あった?くらいに出番が少なくて残念でした。

そうそう、しーらんも出番少なかった。そしてあの髪型がちょっと…

 

結局あれはハッピーエンドなのか?と思いつつ終了。

 

私、国際フォーラム公演を見るのは初めてだったんですが、最後のご挨拶があるのはいいですね。あれ、どの公演でもあるんでしょうか?

見終わった感が得られていいなーと。

 

個人的にはストーリーはあんまり面白くなかったけど、新鮮だし、群舞も沢山見られてお得。

梅芸でもやるみたいなので、評判よかったんじゃないでしょうか。

 

おしまい。

 

 

2016年観劇振り返り

毎年恐る恐る振り返ってる観劇回数ですが、2016年は予想以上に少なかったです。

 

花組

 

月組

舞音

 

雪組

るろうに剣心×2

ケイレブハント

 

星組

こうもり

桜華に舞え×2

 

宙組

シェイクスピア

エリザベート×2

 

【その他】

1789帝劇

 

1789入れて11回。

2015年よりもだいぶ減りました。

2015年は白夜で誓いまくったのでだいぶ多かったんですが、去年はだいぶ落ち着いてましたね。

 

去年はこうもりを最前列センターで見たのが何よりの思い出ですね。あんな良席、今後座れることがあるのか…本当、去年はあそこで運を使い果たしたと言っても過言ではないです。

 

今年の私はオームシャンティオームからです。

ひとまずこれが2回。

 

既に七海半兵衛と花乃ちゃん退団公演、花組全ツの3つのチケットを逃しているので幸先悪いです。

 

とりあえず今年こそ花組を見てみたい!

なんで花組だけ見たことないのか我ながら謎です。

 

あとは今後が謎に包まれている宙組もとりあえず全公演見ておきたいですね。

 

旦那がみちこさん贔屓だったのに、退団しちゃったからここで宝塚離れをせずにしっかり引き入れなきゃいけないんだけど、次誰を推させようかしら…

 

なんかこうどっしりと存在感のあるベテランみたいなタイプが好みっぽいんだよなぁ。

たまきちかな。

グランドホテルとってないけど…

 

とりあえず今年は去年より見るぞ。