読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ああ、素晴らしきヅカオタ生活…!

宝塚歌劇団を心から愛する独身OLの365日の記録

初めての花組〜念願のエキサイター

神奈川県民ホールで全国ツアー仮面のロマネスク/エキサイター2017見てきました!

 
f:id:tomopun:20170405140114j:image

 

花組はこれと言って好きな人がいないので見たことなかったんですが、エキサイターを再演するとなれば話は別です。

死に物狂いで一般でとりました。

その分期待度も高かったこの花組公演。

 

やる気まんまんで挑みました。

 

◆仮面のロマネスク

 

映像で祐飛さんの宙組公演を見ていたので、ストーリーは頭に入ってたんですが、やっぱり途切れ途切れ感が否めないですね。一緒に行った旦那はストーリー展開が早くて大変だったようです。

 

各登場人物ですが、

まず、ヴァルモンのみりおさんの色気具合が半端ない。

あー、明日海りおってこんな綺麗なんや…と思いました。

 

ジャケット脱いで、テロテロブラウスになった時の、見てはいけないものを見てしまった感はすごい。ブラウス着てるのに、下着姿を見てしまったかのような色気駄々漏れ感に赤面です。

 

そしてゆきちゃんのメルトゥイユ伯爵夫人。

すみちゃんのメルトゥイユは酸いも甘いも経験してきた30オーバーの大人の女感がめっちゃ強かったんですが、ゆきちゃんのメルトゥイユはもうちょっと若い感じ。

若いのに大人ぶってる、というか。そんな印象。

 

可愛らしい花娘の中で、あの役ができるのはゆきちゃんならではという感じがします。

 

ダンスニー男爵のカレーちゃん。

テレビや雑誌で見た通りの美形です。

ただ、北翔ダンスニーの印象が強すぎて、純粋な若者というより、子ども感が強かったかな、という印象。

言われた通り動いてるところとか特に。

でも、過去の轟、北翔ダンスニーと比べればフレッシュ感はあるよね。

最後のセシリーを抱き寄せて「一緒になろう!」ってところはものすんごくかっこよかったです。

 

そしてべーちゃんのトゥールベル夫人。

あー、ほんと可憐だわ。ほわほわで可愛らしくて儚げで…今にも壊れてしまいそうな法院長夫人でした。夫人感たっぷり!

ああいう人で遊んじゃ駄目よ、って心から思いました。

 別れたあと、そのまま法院長夫人に収まっとくのはマリアンヌには難しいよねぇ。

 

そして!この人が見たかった!見れてよかった!

水美舞斗!

 

めっちゃかっこいい!!

あのチャラいんだけど、手の上で転がしてる感とか、不真面目なのにヴァルモンの右腕感とか?

表情もイチイチかっこよくてオペラが離せませんでした。

 

◆エキサイター

 

うおおおお!エキサイター!!

という感じで興奮してたらあっちゅーまに終わりました。

みりおさんの振り幅はんぱない。

他のトップさんには出来ない芸当ですね。

 

Mr.Soの写真が出て来たりするのも、初演、再演を知ってる観客には嬉しいです。

れいちゃんは壮さんの弟設定なんですね。

 

もうこの辺はオペラでみりおさん追い続けてたんで、周りがどうなってたのか…一回しか見れないとなると、贔屓をガン見するか全体を見るかサイドを見るか…悩みますね。だから、最低3回は見たいのです。

 

今回、花組を見て全体を通して気になったのは歌。

 

もちろんみりおさんも上手いし、ゆきちゃんも綺麗に歌ってるんだけど、花組の娘役って全体的に声がか細いの?男役と一緒に歌うとかき消されてる気がします。

 

宙はいつ聞いてもCDかけてるんか!?っていうくらいの美声にうっとりするんですけど、花は残念ながらそういう印象は持てませんでした。声裏返ってる人もいたし…

全ツで人数少ないのもあるかもしれませんが。

 

ただ、エキサイターの序盤であきらさんが歌ってた時は、ついつい目を奪われました。(初演で未涼さんが歌ってたとこ)

 

周りがか細いからより目立ってたのかもしれませんが

 

まとめると、マイティはめっちゃかっこよかったけど、全体的に期待しすぎた…といったところでしょうか。

 

でも、そういうのまるっと「エキサイターが見れた」って感動にカバーされてる感じ。

 

もちろん比べるのはよくないし、一回見ただけだし、お前わかってねーよ!!っていう花組贔屓の方もいるとは思うんですけど、許して。

 

機会があったら大劇場公演も行ってみます。