読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ああ、素晴らしきヅカオタ生活…!

宝塚歌劇団を心から愛する独身OLの365日の記録

金を詰んだ結果

金を詰んで買ったチケットで二回目の宙組エリザベート行って来ました。

 

(下書きして放置してたから少し前の話だけど)

 

二階席だったんだけど、とっても見やすい位置で満足。

 

ただ、二階席が目立つぐらい席が空いてて…

並んで5つも6つも。

そこだけじゃなくて、他のとこもちょこちょこ空いてるんです。

 

こんな見やすい席なのにもったいない!という気持ちよりも

「舞台上から見えちゃう!みんなに空席なのバレちゃう!どうしよう」

という状態。

 

私が初めて大劇場で観劇したのは雪組の愛燃えるでしたが、あのときは三階席もガラガラで当日券を開演15分前に余裕でゲットできる感じだったんです。

その時は空いててラッキー!くらいしか思ってなかったのに!

 

なんという心境の変化!

 

私がヅカオタとして成長したのでしょうね。

 

来なかった人も何か事情があったのかもしれませんが、成長したヅカオタとしては、舞台を作ってくれてる皆さんに対し、とても申し訳なかったです。

 

この間、チケットについて色々言いましたが、こういう報われないチケットがあるのは本当にもったいないことです。あんなにいい舞台なのに。

 

さて、気を取り直して。 

今回は「まぁ様探し」「ビジュアル」の2軸をメインに楽しみました。

 

前回、"いつの間にまぁ様!"がすごく多かったので、今回はどこから出てきてるのかを探すべく、目を皿のようにして見ていたんですけど…

 

結局、見てたらお芝居に引っ張られて、またしてもいつの間にまぁ様!状態になっておりました…

 

でも、一つわかったのは、トート閣下のお衣装が暗いので、舞台の奥から普通に出て来てても、うまく馴染んでて「いつの間に!?」状態になってることが多いということ。

 

母はまぁ様探すべく、DVD買おうかしらと言ってましたが…DVDじゃ探せないから。諦めろ

 

あと、今回はルドルフが役替わりでりくだったんですが、オープニングの亡霊りくルドの歌を聞いた瞬間に何故か涙ぐんでしまいました…

 

同じ台詞、同じ動きなのにあき様とこうも違うんですね、驚きです。

なんだかんだ役替わり公演みたの初めてかもしんない。

 

子ルドのまどかも役替わりに合わせて演技を変えてるとの前情報があったので注目していましたが、全くわかりませんでした…

 

 

新しい発見としては、

「マダムヴォルフの場面のピチピチロミーなツインテららが可愛い」

ということ

 

あとはこの前見れなかった細かいとこ(親戚の場面のせっちゃんの表情とか)(愛ルキに手を引かれて走るりらとか)(みりおんのドレスの刺繍とか)をオペラで見ておりました。

 

やっぱり、1公演最低二回は見たいよなぁ。

 

星は二回見れるけど、雪組が今のところ全ハズレでチケット確保できてないんですわ。

もう、金は積みたくねぇなぁ…