読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ああ、素晴らしきヅカオタ生活…!

宝塚歌劇団を心から愛する独身OLの365日の記録

宙組次期トップ娘役の不在


f:id:tomopun:20161227083704j:image

 

次の大劇場公演で退団する宙組トップ娘役実咲凛音の後任ですが、今回は不在、ということになりました。

 

賛成反対色んな意見が飛び交ってますが、私は反対。

 

来年のタカスペは?カレンダーは?写真とかそういうの全部まぁ様一人なの?それとも二人なの?暫定でうららとかにするの?

 

なんだかどれになっても全部可哀想…

 

トップコンビというシステムが魅力でもあるのに。

 

次の宙組大劇場は8月~11月ってことだから、来年も宙はタカスペ出演するだろうし、それまでに決めるのかしら?

 

 

ニュースサイトとかで音月さんのお披露目時のトップ娘役不在のことを引き合いに出してる記事が多いけど、今回の宙は単純に役替わりにするわけじゃなさそうじゃん。

 

これはうらら、これはまどかってやりたいんでしょ?この2択でしょ?

 

本当はうららにしたかったけど、歌唱面がトップ娘としては足りない。かと言ってまどかにするわけにもいかないからこの異例措置ってことなのか。。

 

もしくは、どっちかを真風さんと組ませて新生トップコンビとして出したかったか…

 

他の娘役にもチャンスがあるなら嬉しいんだけど、この二人の交代制みたいなのは嫌だなぁ。

 

あとは、交代制でまどかはまぁ様が何作か一緒にやって他の組に組替えして正式トップ娘役就任。まぁ様はそのタイミングで辞め、真風さんがトップになり、他の組からトップ娘役が落下傘で新生トップコンビ結成。うらら余る。みたいになりそうな予感も…

 


f:id:tomopun:20161227085914j:image

 

この梅芸&文京シビック公演はライブショーらしいから、相手役をとっかえひっかえしても良し。

むしろとっかえひっかえしてるまぁ様を見たい気さえする。 


f:id:tomopun:20161227090146j:image

同時期のずんちゃん主演バウの相手役が気になるところ。

ここの相手役をまどかにするのかららにするのか…うららとしいちゃんは無いかな。

個人的にはりらにして欲しいけど。ずんちゃん、りら大好きだし。

 


f:id:tomopun:20161227090405j:image

 

問題はこっち。

ロマノフ王朝時代の青年貴族が主人公のオリジナル作品。

あらすじ見ただけでも三人の女性が出てくるんだよなぁ。がっつり恋愛はさせずにヒロイン不在でお茶を濁すのか…

 

あー、もしくはかなめ様トップ時代みたいに今後、トップ娘に光が当たらない公演が多いからあえて最初からトップ娘を置かなかったとか?

 

 そっち側の事情もあるかもなぁ

 

宙は平和だと思ったのに…

 

我々に心休まる日は訪れるのか…

 

ちゃぴはまだ辞めないかもしれない!


f:id:tomopun:20161129211152j:image

 

次の月組の演目発表されましたね!

 

「ALL FOR ONE〜ダルタニアンと太陽王〜」

 

小池先生の一本もの!楽しみ!

 

みんなは一人のために!!ですな。

 

ストーリー見た感じ、ダルタニアンがたまきちっぽいね。

そうすると、みやちゃんが太陽王なのかしら?

なんか友人の三銃士の方が合いそうな気はするけど。

 

 

で、ちゃぴは?

 

 

 たまきちと太陽王がメインなら太陽王がちゃぴ……?

いやいや、太陽王って言ったってフランス国王ルイ14世

 だからそれはないか。

 

ま、それに一本ものだしなぁ 

ちゃぴが太陽王なら考えられなくもないけど、

これで退団はなさそうかな。

 

退団公演にするならショーもつけて欲しいし。

 

でも、こないだゆきちゃんがトップ娘役に決まったし、同期のわかばもトップになるならこのタイミングしかないよね。

 

あーーー

でも私、星組時代からみやわかばのコンビが大好きなんだよな

 

今の月組で2番手コンビとして二人が見れるならそれはそれで良いかもしれない。

 この二人でのトップコンビはもはやないだろうし。

 

あー、悩ましい。

キタ!予想通り!雪組トップコンビ退団発表!


f:id:tomopun:20161122085436j:image

 

雪組トップコンビの退団が決まりました…

 

私が予想していた通り、次の大劇場公演が最後みたいですね。

幕末太陽傳、ね。

 

っていうか!この怒濤の退団ラッシュはなんなのよ!

龍→北翔&妃海→花乃→実咲→早霧&咲妃

 

この一年で全組でトップ、トップ娘が退団て…

 

心労半端ないから!

チケット難も半端ないから!

 

ちょっとは心穏やかに過ごさせてよ…

 

雪組トップコンビのあとにはちゃぴの退団もありそうだし。

なんか急にメンツが変わるな…

 

まぁ、雪組は手堅くだいもんだろうから何の心配もありませんけども。

 

娘役は誰だろなー

みちるちゃん?

 

でも、花組で新公ヒロも2番手もやってる美怜ちゃんが選ばれずにゆきちゃんになったところを見ると、上級生娘役にバトンタッチもありえるかな。

ってなるとあんり?

でもだいもんとあんりちゃんのコンビってあんま想像できないしなー

 

とにかくちぎみゆが見れなくなるのが寂しい。

むしろ二人でそのまま結婚して欲しいレベル。

 

ケイレブハントとれなかったから次こそは行かなきゃ。

 

 

これぞタカラヅカ!麗しきロマンス

さて、今度は星組公演ロマンスのお話しを。

 

 

今回のショーは岡田先生のロマンチックレビュー。

 

冒頭でふうちゃんが言ってるように、まさに夢とファンタジーの世界です。

 

ちなみに…私、一回目の時カラコンで行ったんです。

普段は観劇用にちょっと度数の高いコンタクトを用意するんですが、今回はそれがちょうどきれてて、手持ちのコンタクトの中ではそれが一番度数高かったんですね。

前々から何度か使ってるものだったので、今回も普通に装着して行ったら、目が乾く乾く。

観劇前に目薬買って行ったのに、意味をなさないほど乾いて痛くなってきて…しかも結構チカチカする場面が多かったもんだから余計に目を開けてられなくって、途中から目をめっちゃ細めてじゃないと見れないというなんとももったいない見方をしたので、体調は万全で行かないとな、と大後悔しました。

でも今考えると、カラコンじゃなくてつけていった夜用のアイプチ(強め)が悪かったのかな、という気がします。

 

とまぁ、余談はこのくらいにしておいて。

 

今回ですね、紅、七海、礼の三人が割りと出ずっぱりなんですよ。

 

まぁ、もちろん私は七海さんを見るわけですから他の二人はあまり見れてないんですけど、デュエダンをトップコンビ含めた4組でする場面が二ヵ所あるんです。

 

娘役はあーちゃん、はるこ、あんるで、かいちゃんはあんると踊ってるんですが、

 

あんるがね、毎回毎回ほんっっっっとに嬉しそうに幸せそうに踊ってるんですよ!!

 

 その笑顔が本当に可愛くって、それだけで私も幸せ!!!

 

そしてそんなあんるをリードするかいちゃんの包容力と優しい笑顔がまた…!!

 

男役の隣には娘役が必要だと、ひしひしと感じました。

 

 

あとは、ロックンロールの場面。

カラフルな衣装に身を包んだ男役、娘役が自由に踊っております。

ここでふうちゃんが着てるミニーちゃんみたいな赤いワンピースがあるんですが、よく見るとドットじゃなくて白いお花なんです。なんと可憐。

 

こっちゃんがカフェブレで言っていましたが、ここは歌ったり踊ったりしてないときはアドリブだそうで、こっちゃんは眼鏡っ子のはるこちゃんを口説いてるそうです。

 

が!

 

我らが七海ひろきは上手で男役と絡んでおります!

 

一回目は同期のしーらんと誰が可愛いか、みたいなやり取りをし、二回目は紅さんとジェスチャー付きで「みちこさんの髪の毛やばい」みたいな絡みをしててほんともう最高でした。

 

痛くて開けられない目を頑張って開けて見ました。

 

 

あと、GO!の場面も赤い場面もとってもいい。

 

というか良くない場面なんかないし、語り尽くせない。

 

赤い場面では客席降りもございまして、母がせおっちとハイタッチしておりました。私はせおっちの美しさに緊張して手を出せませんでしたが。

 

とっても柔らかかったそうです。

ヨカッタネ

 

客席降りは番手が上の方から順に奥まできてくれるので、一階後方列だとせおっちとかあーちゃんみたいな人気な若手がきてくれるんですね。でも何にしろ通路側じゃないと触れあえませんからね。運が良くないととれませんな。

 

あ、この赤い場面で七海氏とこっちゃんが女装してるのも見所です。東京の後半は鬘を変えてきてて、女装がだんだん女性にしか見えなくなってきます。

品のあるマダムにしか見えない。

 

こっちゃんが女装すると出る小悪魔感も良い。

翻弄されたくなる。

 

そんな魅力たっぷりのロマンス。

 

もう終わっちゃったので、見たい人はDVDを購入してください。

 

私の次の星組は紅綺咲コンビのお披露目、オームシャンティオームでございます。

どんどこ出るであろうアドリブにも期待! 

さよならみちこさん…‼桜華に舞え‼

というわけでみっちゃんふうちゃんの退団公演を見てきました!

 

今回は2公演分チケットとれたので2週続けて見てきました。

 


f:id:tomopun:20161112202759j:image

 

 

今回はですね、お芝居がとにかく面白いです。

 

オープニングのみちこさんと薩摩兵児(さつまへご)の場面で最高にテンションを高められます。

悪役?に徹しておられる七海さんの笑顔が見られる唯一の場面でございます。

 

ここの場面は是非習得してテレビの前で一緒に踊りたいですね。

 

次に会津の場面に入るのですが、八木永輝役の礼真琴氏の熱い熱い想いに一瞬で虜に。

以降、真彩希帆ちゃん演じる愛奈姫様と永輝の主君と従者の関係に少し混じった恋模様に激萌え。

この二人のサイドストーリーもとってもオススメ。

後に出てくる荒んだきいちゃんもとっても色っぽい。

 

あと、今回は劇中に客席降りがございます。

後ろから上手下手、それぞれからみちこさんと美城さんを始めとした薩摩藩士が続々やってきます。

私は上手下手両方の通路寄りで見たので、どちらも近くで見れて感激。

上手側だと運が良ければ夏樹れい君からサイン入りの鉢巻を頂けます…!

もちろん私は頂けませんでしたが。。

 

見所としては、薩摩との最後の戦の場面。

流れるように各主要キャストの立ち回りが見れるんですが、私的には天寿さんが一人で3人も4人も相手にしながらマントをはためかせてる姿がとっても好きでした。

 

こういう日本物の戦関連はあまり見たことがないんですが、手前から先鋒、中堅、大将と並んでるんですね。

私は剣道をやっておったもんで、ちゃんと反映されてるんだなと(剣道に)少々感動致しました。

 

この場面で先頭に立ってマントをはためかせてる天寿さんも素敵です。必見。

 

で、今回、ちょっと疑問に思ったのが1つ。

みちこさんとふうちゃんのラブストーリー的な部分もあるんですが、みちこさん、あーちゃんと結婚してるんですよね…

あーちゃんが好きなのは紅さんだからいいっちゃいいのかもしれないけど。

恋っていうより尊敬とかそういう部分の方が強いのかしら。ふうちゃんがあーちゃんという存在を知っても「奥方様…」ってあんまり驚いてもない感じだし。

でもあの流れからのフィナーレは自然でよかったです。

 

今回、美城さんもみちこさんも結局亡くなってしまうのですが、普通に感動して泣いてしまいました。

 

二回目に至っては永輝の想いを汲み取り過ぎて、会津の場面から既に涙ぐんでる状態。

 

個人的に退団公演を見るのは前星組トップの柚希さんぶりなのですが、あの時は正直ストーリー自体はあんまり面白くなくって…

ちえさんの旅立ち!を全面に押し出しててなんかなぁ…と思ってたので今回もそんな感じかなと思ってたら全然そんなことなくって!

一緒に行った母も彼氏ももう一回見たい!と言うほど面白かったです。

 

レビューも宝塚らしいきらびやかでファンタジーなレビューなので、宝塚初心者の初観劇にもぴったりだと思います。

(もう金を積まないとチケットはとれないでしょうが…)

 

二回見ても見足りなくてどうしようかと思ってる状態です。今後、ムラに遠征する必要性を感じ始めました。。

 

レビューの話を盛り込むと長くなりそうなのでまた次回!

速報!美弥るりかがシアタードラマシティ主演!


f:id:tomopun:20161027200448j:image

 

本日発表!

 

月組二番手美弥るりか主演でドラマシティー&赤坂アクトシアター公演決定ー!!!

 

演出は原田諒先生で「瑠璃色の刻」

(るり繋がりなのかしら)

 

主人公はサンジェルマン伯爵

 


f:id:tomopun:20161027200752j:image

 

知らん。

アルトワ伯的なの想像してたけど、ちょっと違うな。

ウィキペディアによるともっとミステリーちっくな感じか。なんだよ、似合う気しかしねぇな。

 

ウィキはこちらね↓

https://ja.m.wikipedia.org/wiki/%E3%82%B5%E3%83%B3%E3%82%B8%E3%82%A7%E3%83%AB%E3%83%9E%E3%83%B3%E4%BC%AF%E7%88%B5

 

 

なんか研究とかしてたらしいから白衣とかも見れるかも。って思ったけど中世ヨーロッパで白衣は使われてたのかどうなのか。

 

それにしても演出は原田先生か…

 

原田先生は堅めな歴史ものってイメージがあるんだよなぁ…

 最近だとアルカポネとか白夜白夜の誓いとか。華やかなりし日々もそうかな。

恋愛要素は少なくて、男の一生?みたいなイメージ。

 

ビジュアルを楽しむっていうのかな…

もちろん、演出よりジェンヌが美しいからそれでいい!というわけじゃなくて、見せ場を作ってくれてるのが多いイメージ。

難しいな…

 

私より詳しい人なんていっぱいいるからそっち見たほうがいいかもかも。

 

とにかく美弥ちゃん主演楽しみ!

主演はじめてなのかな?おめでとう!!!

頑張ってチケットとって見に行く!

 

でもなんか、こうなるとかちゃが……ね…?

 

かちゃがいる手前、今までは美弥ちゃん主演できなかったけど、これで堂々とできる…的な?

 

いや、まぁ全ツの裏側は二番手別箱ってのはお決まりだから必然的ではあるんだけどさ。専科の誰か主演で…ってのは星条さんでフォルスタッフやったばっかだし。

 

ま、考えすぎか。そうだよな。

 

とにかくおめでとう!

神様チケットチャンスちょうだいね!